2014年07月24日

国際ロマンス詐欺団A

国際ロマンス詐欺団に関する私のブログを読まれた方々からこれまで何件かご相談をいただき、残念ながら被害が拡大しているようですので、警鐘を鳴らす意味で改めて詐欺団の典型的な手口をいくつか紹介しておこうと思います。

1.SNSや出会い系サイト内で声を掛けてきて、チャットを繰り返す中で優しい語り口や甘い言葉で被害者のハートを射止めて国際結婚を匂わす。また裕福な家庭で育ったことを語り、日本での事業資金、あるいは不動産の購入資金名目等で数億円単位の現金を持ち込む(もしくは送金する)話を進めて被害者を舞い上がらせるが、持ち込む途中立ち寄った空港(マレーシアやインドネシアを語るケースが多い)でその現金が原因で税関に捕まり、解決するためのお金を至急送ってほしいと連絡をしてきてお金を送らせる。初めは税金名目でお金を送らせ、そこから罰金やマネーロンダリングの疑惑を晴らすための費用等、色々な名目を使ってお金を送るよう要求してくる。
2.アメリカの軍人を語り、任務中(アフガニスタンが多い)に金塊を発見した。今あるところに隠してあるが自国には持ち込めないので一旦預かってほしい。換金して山分けしようと持ちかけ、そこから自国の家族が重病で多額の治療費が必要だからお金を貸してくれないかといった懇願が始まる。また1のケースと同様に、金塊を持ち込む手続き上のトラブルを装い、解決のためのお金を送らせる。
3.マレーシアの銀行員を名乗り、多額の預金を残して亡くなった顧客がいるが、家族がいなくて今は休眠口座になってしまっている。海外の口座であれば送金も可能なので受取人になってほしいなどと言い、そこから様々な個人情報を聞き出そうとする。
4.自分は弁護士をしているが、クライアントが莫大な遺産を残して亡くなった。故人の遺志で日本に投資するように言われているので協力してほしいなどと言い、言葉巧みに相手の射幸心をあおり、上記のケース同様お金を被害者から騙し取る。

他にも手口はありますが、大体お金を騙し取る舞台は外国の空港が多いです。空港で捕まったと言われたらそれは間違いなく詐欺です。被害者の方々は自分の送金したお金を無駄にはさせまいとどんどん深みにはまってしまうケースが多く、一度送金してしまうと詐欺団の思うつぼになりかねませんので、絶対に、絶対に送金してはなりません!!! もしお金の話しが出たら即その男(女)との通信は遮断してください。未練がましく連絡してはダメです!

尚、詐欺団の特徴として、とっかかりのメッセージは「あなたのプロフィールを見てステキな方だと思い、連絡しました。よかったらメールアドレスを教えるので直接話しませんか。連絡待っています。」といった内容のものが多いです。またメッセージもごく短時間で(いくらなんでもそんな速くタイプできないだろうという速さで)大量に送ってくるのも特徴です。(明らかに事前に用意したメッセージを無差別に送っている。)
何か質問をしてみて質問の答えになっていないメッセージが返ってきたら、そいつは詐欺です。すぐ逃げてください。
当然メッセージは英語で送られてくるので英語が堪能な方が被害者になってしまうのですが、稀に翻訳機を使って日本語で語りかけてくるケースもあるので気を付けてください。
posted by マーベリック at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年07月18日

裁判所がおかしい

昨日の父子関係の争いに関する最高裁判所の判決、皆さんはどう感じたでしょうか?
私は大いに違和感を覚えました。
最近週刊誌等で、昨今の裁判所の首を傾げる判決の多さを嘆く記事をちょくちょく見かけますが、昨日の判決はその最たるものだと思います。
DNA鑑定の結果はもちろんのこと、母親自身が当初から不倫相手の子であると認めて上告人と離婚し、子供と血の繋がった実の父親と再婚してその子供と一緒に平和に暮らしているのです。
何故その平穏を乱すような判決を下すのか、私には理解できません。
法律がそうなっているからとかいう理屈ですが、ここで一番に優先すべきは子供の幸せではないでしょうか。
子供は将来に渡ってこの先ずっと二人の父親のはざまで悩み続けることになるのです。こんな不幸を強いる裁判官の人間性を疑います。裁判官は頭のいい方たちであることは認めますが、もっと世間にもまれて社会の荒波を経験し、良識と思いやりを兼ね備えた真に国民に幸福をもたらす人が裁判官になるべきだと思います。

また上告人についてですが、彼は他人の幸福より自分の幸福感を満たすことしか頭にない、悲しい男性のように思えてなりません。長期間に亘って裁判をする時間があるのなら、まだ40代と若いのですから新しい伴侶を見つけて新しい家庭で幸せを築けばいいじゃないか、何故新しい家庭を持った前妻や子供の幸せを踏みにじるようなことをするのか...。
私は「去る者は追わず」を美徳として捉えていますが、最近のストーカーによる殺人事件といい、どうしてこうも「去る者をとことん追いかける」思考を持つ人が増えてしまったのでしょう?あくまでも自分を中心に物事を考えてしまう、全く嘆かわしい風潮です。
本当の愛とは愛する人の幸福を第一に考えることだと思うのですが...。
posted by マーベリック at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月08日

セブンイレブン商法

最近自宅近くに相次いでセブンイレブンが2店開店しました。
今回はそこでのオープンセールについて感じたことを日記にしたいと思います。

オープンセールでパンが30円引きになるとのチラシに惹かれ、
朝食用のパンを買いに行ったのですが、
30円引きになっていたのは
消費期限がほとんど当日か翌日には切れるものばかりで
それ以外のパンは定価です。
大いにがっかりしました。
そんな消費期限間近の食品は近くのスーパーへ行けば半額で売っています。
つまりオープンセールにかこつけて、消費期限間近の食品を新規開店の店に集めて
さばいてしまおうという魂胆でしょう。
チラシに付いている券と引き換えに配っているサービス品こそ違え、
30円引きの商品については2店とも同様でした。
こんなのはオープンセールではなくて処分セールでしょう。
詐欺とも言えるんじゃないでしょうか。
この会社の良識を疑いました。

ちなみにサンクスのオープンセールにも行ったのですが、
こちらは消費期限間近ではない全てオリジナルのパンについて30円引きでした。
チラシのサービス券も商品ではなく、合計金額から100円を引くというものです。
こちらの方がありがたいし、顧客思いのオープンセールだなぁと
前述の店と比べた次第です。

セブンイレブン本社は消費期限間近の商品の値引きについて、
加盟店のオーナーとの間で裁判沙汰になっていますが、
これとて顧客の利益や廃棄処分になる食品の無駄についての配慮よりも、
会社の利益を最優先していることの証左です。

というわけで、私は近くにコンビニがそこしかない場合を除き、
セブンイレブンは利用しないことにしています。
posted by マーベリック at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記